1月31日は赤い月を見よう! 皆既月食の楽しみ方

こんにちは!
宇宙大好きひろゆきです。
みなさん、「皆既月食(かいきげっしょく)」ってご存知ですか?
名前だけは聞いたことあると思うのですが、実は今月末にそれがあるんです!

ぜひ、人生に一度や二度は見てほしいと思うので、今日は皆既月食についてお話ししたいと思います!

皆既月食とは?

皆既月食とは、簡単に言うと、「地球の影に月が入ってしまう現象」です。
図で見ると太陽と地球と月の位置関係が分かりやすいと思います。

国立天文台からお借りしてきました。

以下の国立天文台のリンクに詳しく説明されています。
詳しく知りたい!という方はどうぞ。

関連リンク:月食の起こるしくみ – 国立天文台

 

今年の皆既月食は1月31日!

さて、本題の今月末の話です!
皆既月食が起こる時間を確認しておきましょう。

日にち:2018年1月31日(水)

  • 部分月食の始まり:20時48分
  • 皆既月食の始まり:21時51分
  • 皆既月食の最大:22時29.8分
  • 皆既月食の終わり:23時08分
  • 部分月食の終わり:0時11分

実は今回の皆既月食はとても条件が良く、日本各地でとても長い時間(1時間17分)も見ることができるのです!
部分月食から最後まで見るのであればもっと長いですねw

もっと詳しく知りたい方はこちらのリンクへどうぞ。

関連リンク:皆既月食(2018年1月31日) – 国立天文台

 

皆既月食の楽しみ方は人それぞれ!

1.肉眼で見る

ご存知の通り、月は肉眼で見えるのでそれだけでも楽しめます。
夫婦や家族で何気なく星空を見上げて、「すげー!」っやる体験って、結構いいものだと思うんですよね。
特別な器具も必要ないのでもしよかったら見てください!

ちなみに、1月なので寒いです!
ちゃんと防寒対策して外に出ましょう!

 

2.望遠鏡、双眼鏡で見る

月って望遠鏡で見るとすっごい面白いです。
このようにクレーターがくっきり見えたりしてびっくりします。

ぼこぼこしてるのは知ってるけど、実際見てみると思っていた以上にすごい!

的なわくわく感が得られるんですよねー!

ちなみに、望遠鏡ってすごく高価なイメージをお持ちかと思います。
確かに高い奴は相当高いです(笑)

しかし!案外安いものもあるんです!

こちらとか、日本シェア1位の望遠鏡メーカー「Vixen」から出されている望遠鏡。
初心者にとっても優しい望遠鏡です。
今回の皆既月食を期に望遠鏡ユーザーになってみてはいかがでしょうか?

また、いきなり数万はハードルが高いって方には、「望遠鏡キット」がおすすめです。

ご覧の通り、材料がそろっていて、望遠鏡を自分で工作できるんです!
軽いし大きくないので持ち運びも便利なので僕もよく使っています。
値段も数千円でお手頃ですが、結構しっかり月とか木星とかが見えます!

お子さんと一緒に作ったり、プレゼントにもいいかもしれませんね!

また、双眼鏡で楽しむって方法もありですね。

これもVixen社にて出されている双眼鏡です。
お手頃ですし、カラーバリエーション豊富で初心者や女性ファンにも人気だそうです。

 

3.写真を撮る

上級編だと思いますが、普段見慣れている月が不思議な色で光っている姿を写真納めるのも楽しみ方の一つです。
ちなみにこれは2014年10月8日の皆既月食の際に僕が撮影した写真です!
きれいですよねー!

この写真お気に入りで携帯の待ち受けにしたりしています。
こんなかんじ。

写真を撮るのもよし、スケッチするのもよし。
色々な楽しみ方があると思いますので、楽しんでみてください!

次回は2018年7月28日!しかし…

案外早いですね(笑)
しかし、次の皆既月食は最初から最後までは見れません!

どうやら、皆既月食の途中に沈んでしまうようです。
それに、東北地方では見れない地域もあるみたいです。

次に、部分食→皆既月食→部分食と最初から最後まで日本全国で見られるのは2022年11月8日だそうです…。
東京オリンピックより後です…。

という訳で、いいチャンスなので夜空を見上げてみませんか?
きっといいひと時を過ごせるかと思いますよ。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る