徹底解説!「うちのパパできるかな?ビンゴ」で自己評価してみたw

みなさん、「うちのパパできるかなビンゴ」って知っていますか?
最近、ちまた(Twitter)で流行りはじめているみたいです。
赤ちゃんの部屋」という育児等に関する情報サイトにて掲載されたプレゼント企画だそうで、

こんな感じのビンゴです。

参考リンク:【プレゼント企画】うちのパパは何点?妊娠中に夫がしてくれたことビンゴ — 赤ちゃんの部屋

要件を満たすと抽選で葉酸サプリがもらえるみたいですね!
そして、ビンゴ列の数によって旦那さんを評価できるそうです(笑)

ちなみに、Twitterのハッシュタグ「#うちのパパできるかなBINGO」を検索すれば、ビンゴで旦那さんを採点したママさん達のツイートが見られます。
丸が多い人もいれば、旦那さんの悪口を言っている人もいますね!(笑)

ってことで、僕もそろそろパパになることですし、
このビンゴで自己評価してみました!

丸ばっかり!!!
とはいえ、よくよく見ると、「コレ普通じゃね?」ってところが多いような気がします。

でも、逆に言えば、これらは、
世の中のママさんがパパにして欲しいアクションである
と捉えることもできますよね。

自分ができているからといってこの情報を疎かにしてはいけません。

というわけで、自己評価を自己解説したり思ったことを言っていきたいと思います(笑)

参考になるか分かりませんが、世のパパさんの参考になれたらと思います。
ママさんは、「パパの目線ではこう思っている人がいるんだなあ」と参考にしてみてください。

僕のパパBINGOの自己解説!

洗濯物をとりこむ

家事をするのは「普通」ですよね。
分担したり、専業で任せている場合もあると思いますが、
ママが家事できない時もある
ってことをパパは認識するといいと思います。

重いものを持たせない

普通だよね?と思うのは僕だけでしょうか?
一般の女性に対してもそうですが、妊婦は特に気をつけないといけませんよね。
これができないのは、日頃から気を配れていないということなのでしょうかね…?

産婦人科のつきそい

僕はおニートなので皆勤賞です。(笑)

参考リンク:人生を楽しむ決断!パパ、ニートになる。

主治医の先生とも仲良くお話しながら色々と教えてもらっております。

転ばないように手をつなぐ

手を繋いでいる時に自分が転んだらそれも危ないとも思いますが、
ママが転ばないように気をかけているか?
と認識しての◯です。
つまり、気を配ろうねってことです!

買い物をして帰る

もう一度いいますが、おニートなので「帰る」事がありません(笑)
とは言え、一人で出かけた際の帰りに買い物を頼まれたら普通、買いますよね。
逆に頼まれて買わない人なんているのでしょうか?
そもそもママさん、ちゃんと明確な指示、出せておりますか…?

話をしっかり聞く

人としてどうかって意見もありますが、もしも奥さんの話だけ聞かないのであれば、
お互いの関係のどこかに「怠り」や「甘え」があるのではないでしょうか。
逆にママさんは「話をしっかり伝える」という努力は怠っていませんか?

早めに帰宅

もう一度いいますがニート(略)。
帰りたくても仕事が忙しくて帰れないというパターンは大いにありますよね。
それをただグチグチ言われたら旦那さんも気分が悪いですよね。
たまには「旦那さんの気持ち」になってくれとも言いたいですね。

トイレ掃除&お風呂掃除をする(ママがかがむのは危ないから)

家事を分担してる夫婦もいると思いますが、
妊娠に伴って奥さんのできること、できないことは変化してきます。

その典型はこういう「かがむこと」です。

変化に伴って分担も変えていけばいいのではないでしょうか?
そのための夫婦間のコミュニケーションが生まれることが大事な気がします。
うちも最近は基本的に僕がお風呂掃除とかします!

食器洗いや後片付けをしてくれる

まあ、コレも「家事するのが普通じゃね?」で一蹴りなのですが、
旦那さんが一馬力で働いていて、ヘトヘトに帰ったのに家事全部任されるって状況は、
まぁ、ちょっとかわいそうですよね。
ママさんは無理する必要はありませんが、バランス感って大事だと思います。

ごみ捨てをする

コレも家事分担の話ですが、
妊娠中は「匂いに敏感な時期」がある場合もあります。
旦那さんが率先してやったほうがいいかもしれませんね。

身の回りの刺激臭などニオイに気をつける

ここだけウチは×です。
我が家で僕はオナラをします(笑)
音がする時もしない時も、臭いがする時もしない時も…。
よく妻に「くっせーwww」と笑われております(笑)
まあ、そういう質問項目では無いのはわかっています(笑)

ママの前でのたばこ、お酒は控える

実は僕、生粋の嫌煙家なんですよね。
たばこというか、煙全般が苦手なんです。
なので、近くでたばこを吸われるママさんの気持ちが痛いほどわかります。

出産手当や助成金について調べてくれる

「調べる」行為を、旦那さんがしなければならないかどうかには疑問がありますが、
ちゃんと二人で把握する必要はあると思います。
旦那さんもアンテナを張るべきですよね。

お参りや写真撮影など、出産後のイベントを考えてくれる

写真撮影とか、超楽しみですよね!!!
赤ちゃんが生まれてくることが楽しみだと思っているならば自然と二人で考えるようになるのが健全かと思います。
それができないのであれば、仕事が忙しくて余裕がないとか、別に原因があるのでそれを探りましょう!

父親学級に行って勉強する

欠かさず行っていますが、「勉強をする」ととらえました。
子供が生まれるのが分かって、

「とりあえず知らないことがたくさんある!やばい!」

と思ったのでこちらの本を買って読みました。

 

ママさんの評価も高い本なので参考にしてみてください。
そして、その後、さらに興味が湧いたので医学生が読むような本を買いました(笑)

妊娠中のママに嬉しいプレゼントをする

僕の「時間」をプレゼントしています(おい)。

ママのつわりがひどいときはご飯を作るor外食

自分の奥さんを「ご飯を作ってくれる家政婦さん」と思っていなければどんな対応でもできるんじゃないでしょうか…。

いつでも運転できるようにお酒を控える

家でお酒を飲まないので◯なのですが、

特に臨月に近くなったらパパさんは意識した方がいいと思います。

いつなにが起こるかわからないので、
お酒を飲んでしまったから運転して病院に送れない…
なんてことはダメですよね。

マッサージをしたり、髪をとかしてあげたりする

「髪とかすのかよwww」と妻が言っていましたが、マッサージは良くします。
妊娠中は骨盤が広がったりするので腰が痛くなりがちだって事を知っておくべきですね。

ママが辛い時には仕事を抜けてくる

僕はニート(略)
まあ仕事を抜けるとは優しいと思いますが、

仕事を抜けられない場面もある

ということもママは認識したほうがいいと思います。

「緊急度3:完全にやばい、必ず抜けてきてほしい」

「緊急度2:結構やばい、できれば抜けてきてほしい」

「緊急度1:ちょっとやばいかも、仕事を抜ける事を想定しておいて」

と、夫婦間あらかじめ緊急度のランク分けを共有しておくのはどうでしょうか?

義父母に対してママのフォローができる(今はつわりがひどいから家事ができないなど)

嫁姑関係はうちもありますが、まあ、妻の味方になるのが普通ですよね。

妊娠中に良いもの・悪いものについて知識をつける

まず、興味をもつことって大事ですよね。
興味をもったらさっき紹介した本でママと勉強です!

ママの見た目や体調の変化を気にかけてあげる

以前読んだパパ用のフリーペーパーで、
ママに言ってはいけない言葉1位が、

お前、その体戻るの?

でしたw
こんなん言わねーよww
って思うかもしれませんが、1位ということはいるんですよね…。
言葉には気をつけましょう…。

優しい言葉をかけてあげられる

妊娠中に限った話ではありませんが、「気にかける」というのが大事かと思います。
コレが、「機嫌をとる」になってしまうと改善が必要かと思います。
逆にママさんは、旦那さんに優しい言葉をかけてあげられておりますか?

「パパの評価が低い」のが現状

というわけで、自己評価でした。
旦那さんを採点する」ってこと自体、どうかと思うところもありますが、
夫婦間で何らかの良いインタラクションが生まれることを願ってやっているみたいで、その思いはとてもいいことだと思います。

丸がつくのが普通な世の中になるといいんですけどね、現実はそうでない夫婦もいるみたいです。
残念ながら、世のパパの評価はこんなもんなんですよ…。

とはいっても、なんか世のパパを半分バカにしてるだろー!

って思うんですよね(笑)
というわけで、勢いで作ってみました。

うちのママできるかな?BINGO」!!!

関連リンク:勢いで「うちの”ママ”できるかな?ビンゴ」を作ってみたw

旦那さんにやってもらってもいいし、自己評価というかたちでママさんにもやってもらえたらと思います。
流行るといいな…。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る